子連れの横浜元町中華街口コミブログ

横浜スパークリングトワイライト花火


  • イベント 公開日:

横浜スパークリングトワイライト2016 穴場の場所で花火を見に行ってきた

[最終更新日] 2016年7月17日

こんにちは!
子連れの横浜元町中華街歩きをナビゲート 地元ママ口コミガイド・キコのブログへようこそ!

山下公園では、2016年7月16日(土)と7月17日(日)の2日間、「横浜スパークリングトワイライト2016」が行われています。去年2015年は、なんと41万人の人出!!

すごく混雑するけど、それでも見たいメインイベントの花火について、打ち上げ場所は?穴場の場所は?何時に行けばいい?と皆さん悩むところだと思います。

初日の花火を見てきましたので、さっそく、事実に基づいてアドバイス&情報をシェアしますね!

スポンサーリンク

花火の日時と打ち上げ場所

  • 日時:2016年7月16日(土)17日(日) 19:30~20:00
  • 場所:山下公園海上
  • 打ち上げ数:3000発

横浜スパークリングトワイライトスケジュールと場所引用:http://www.y-artist.co.jp/sparkling/img/16-sche.jpg

花火だけでなく、日中はいろんなイベントがあります。

穴場の観覧場所と場所取りに行く時間

問題は花火をどこで見るか、そして何時に場所取りに行くか、ですよね。

おすすめの場所は・・・

シーサイドレストラン&バーと海の間 です!

*シーサイトレストラン&バーの場所は、上記の図の「海上レイアウト」の緑色のエリアです。

このエリアは、18:30~19:00に行けば座れます
私が行ったときは、18:30から1列目に人が座り始め、

横浜スパークリング花火穴場1830

19:00頃には4列目の人が座って満席になっていました。

横浜スパークリング花火穴場1900
意外に、花火の打ち上げ開始の30分~1時間前で間に合いましたよ~!

逆にこの時間に行くと、ここ以外の場所は、イス席はもちろん芝生エリアなど超満員で座る場所がありません。

おすすめした場所は、アスファルトの上なので座り心地がいいとは言えませんが、たいして問題ありませんでしたよ。
たった1時間程度のことですからね。

「氷川丸が邪魔で花火が見えないのでは?」と不安に思うかもしれませんが大丈夫。

たまに下のほうで上がる花火が若干欠けてしまうものの、打ち上げ場所が近いから、ほとんどの花火は氷川丸のはるか頭上に上がるので、しっかり見えました。

逆におすすめしないのは山下埠頭。ここはシーサイドレストラン&バーの北東の位置にあり、花火はよく見えると思います。
が、普段ココは入れない場所で、出入口に鍵をかけている。そう、出入口が狭いんです。なので、帰る時に出入口付近がすごく混雑していて、なかなか出られなそうでした。

海上のクルージング見物もおすすめしません。過去に11件事故があり、6人が死亡しています。
公式サイトでも、船舶の見物をやめるよう書いています。

横浜スパークリングトワイライトの海上イベントおよび花火実施付近は非常に狭く危険なことから、船舶による見物はご遠慮くさい。

花火鑑賞に持っていくべきもの

  • ・レジャーシート
  • ・食べ物か飲み物

どんなに荷物になろうと、これは持って行きましょう。特に、食べ物や飲み物は現地の屋台かレストランで買えばいいや~と思うかもしれませんが、とにかくすごい人人人・・・買うのに長蛇の列で、何十分とかかることも。これだけで疲れます・・・。

何年か前、初めて行ったときに凝りたので、以来、私は屋台で買っていません。

山下公園の近くにファミリーマートやハッピーローソンがありますが、食べ物は売り切れていると思ったほうがいいです。来る途中か家から持ってくることをおススメします。

まとめ

横浜スパークリングトワイライトで花火を見るなら、シーサイドレストラン&バーと海の間が穴場でおススメ。早い時間に場所取りしなくても、花火開始の1時間~30分前くらいでも座れます。しかも花火の打ち上げ場所に近くて、迫力満点!

食べたり飲んだりしながら楽しみたい方は、事前に買って持ってきましょうね!



スポンサードリンク



Pagetop