横浜開港祭2017の花火の場所取りできる時間は何時から?穴場6か所もご紹介

シェアしてくださると嬉しいです!

横浜開港祭花火

こんにちは!
子連れの横浜元町中華街歩きをナビゲート 地元ママ口コミガイドのキコのブログへようこそ!

横浜開港祭といったら絶対にはずせないのは、最終日の夜に行われる花火です!

「ビームスペクタクルinハーバー」といって、花火だけでなく、レーザー光線と音と6000発の花火のコラボレーションのショーです。関東では一番早く行われる打ち上げ花火ということもあり、例年80万人の人出となり大混雑します。

そこで、比較的空いている穴場の観覧場所や、観覧する場所取りが何時からできるのか、ご紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

横浜開港祭2017花火の日程と時間

日時: 2017年6月3日(土)19:20~20:00
場所: 臨港パーク内 メインステージ

横浜開港祭花火観覧場所
引用:http://www.kaikosai.com/attraction/beamspectacle.html

今年は土曜日に花火が開催されるので、家族みんなで見ることができる人が多くなりそうで嬉しい反面、さらに混雑しそうですね~。

横浜開港祭2017花火の観覧場所と場所取り開始時間

花火を見る場所として有名なところは、あらかじめ、場所取り開始時間が決められています。そして、人が多くなったところで入場規制がかかります。

去年まで見ることができなかった場所が、今年は見ることができるようになっていたりするので、事前にチェックしてくださいね!

臨港パーク

場所取り可能開始時間: 9:00〜(入場規制予想時間 17:30頃)

(注意!)場所取りしたら、誰かが必ずその場所にいる必要があります。無人でのシート等は撤去されます。

イベント会場である臨港パークのいい場所で花火を見られるのがベストですよね~。でも当然ながら、とーっても非常に混雑します。もし臨港パーク内のしかもいい場所で見るならば、

・有料チケットを買う

横浜開港祭2017の花火の有料席チケットとクルージング予約方法

・場所取り可能開始直後から場所取り

どちらかが必要ですね~、残念ながら。

耐震バース

横浜開港祭花火観覧場所
引用:http://www.kaikosai.com/attraction/beamspectacle.html

場所取り可能開始時間: 15:00〜

新高島エリア

場所取り可能開始時間: 15:00〜

カップヌードルパーク(旧:新港パーク)

場所取り可能開始時間: 15:00〜

比較的臨港パークに近いので臨場感のある花火を見ることが出来ます。

赤レンガパーク

場所取り可能開始時間: 15:00〜

(注意!)場所取りしたら、誰かが必ずその場所にいる必要があります。無人でのシート等は撤去されます。

象の鼻パーク

場所取り可能開始時間: 15:00〜

・・・と、ここまでご紹介した場所は、割と花火の打ち上げ場所に近いので、残念ながら混んでいます。

というわけで穴場の観覧場所をご紹介しますね。

スポンサーリンク

横浜開港祭2017花火の穴場の観覧スポット

穴場は、やはり花火の打ち上げ会場から少し遠いところになってしまいます。

マリンタワー

地上100Mの高さにある展望台から、夜景と花火の両方を楽しむことが出来ます。

野毛山公園

花火の打ち上げ場所である臨港パークから少し遠くなるので、花火が小さく臨場感があまりないですが、小高い場所にあるので、花火がよく見えます。

大黒埠頭

駅からも遠い場所なので、比較的空いています。

万葉倶楽部

温泉施設。入場料がかかりますが、屋上の足湯につかりながら花火を見ることが出来るのが良いですよね!

港の見える丘公園

こちらも花火が小さくなってしまいますが、高台にあるため他の建物などに邪魔されず花火を見ることができます。

ポートサイド公園

以前この近くに住んでいた時に行ったことがありますが、あまり知られていない公園なので比較的空いていました。

ちなみに、花火が終わって帰る際は、最寄り駅の桜木町駅やみなとみらい駅への道はとーーーっても混雑します。

どこかで時間をつぶして電車が空くのを待つか、少し歩いてそれ桜木町駅やみなとみらい駅以外を使うのがいいですよ。東京方面に行くなら、横浜駅まで歩いてしまいましょう。

観覧エリア・交通規制・帰り道マップ

まとめ

いかがでしたか?

場所取りしたり高額な費用を払わなくても、少し離れれば比較的空いているので、子連れでもゆっくりと花火を鑑賞することができますよ!

ではでは、横浜開港祭の花火を楽しみましょうね~。

【関連記事】

横浜開港祭2017の花火の有料席チケットとクルージング予約方法

横浜スパークリングトワイライト2017穴場の花火観覧場所や混雑

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアしてくださると嬉しいです!

管理人のプロフィール

管理人のプロフィール:
子連れの横浜元町中華街歩きをナビゲート・地元ママ口コミガイド&ライターのキコです。

私が住んでいる街・横浜の元町中華街のリアルな情報を、ママ目線で綴っています。

子供がいても街歩きを楽しみたいという方のためになればと、このサイトを立ち上げました。

このサイトが、皆さんの街歩きのお役に立てますように。


もっと詳しく見る